驚異的なスーパーセーブを連発した名GK、オリヴァー・カーン

オリヴァー・カーンは1990年台後半から00年台前半にかけて活躍したドイツの名GKである。クラブでは主にFCバイエルンで1994年から2008年まで626試合に出場し、ドイツ代表では86キャップを記録した。この時期はドイツの低迷期とも重なり、あくまでフィールドプレーヤーに関しては深刻な人材不足に悩まされたが、全盛期のカーンは名実ともに世界最高のGKだった事に疑いの余地はないだろう。

私が初めてカーンを見たのは2001年のトヨタカップ、FCバイエルン対ボカ・ジュニアーズとの試合だ。この試合でカーンは相手FWと1対1となり飛び出し、相手を倒したかに見えたが、直前で足をスッと引き、この相手FWをシュミレーションで退場に追い込んだ。そのような高度なプレーを見た事がなかった私は非常に驚嘆した事を覚えている。

そのカーンのGKとしての特徴は何と言っても驚異的な反応から繰り出されるスーパーセーブだろう。その手足をいっぱいに伸ばしたブロック、空中で止まるかのようなダイナミックな横っ飛びで何度も信じられないようなセービング、更にはキャッチングを見せた。また、その前の段階で相手を威圧しながら優れたなポジショニングでシュートコースを巧みに切り、ミスを誘うのも非常に上手かった。

一方で、前方の高いボールや正面へのブレ球に関してはキャッチに行かず安全にパンチングで逃げた。キックの精度が悪いという印象は無かったが、足元の技術は決して高いとは言えず前方に出る事は稀であった。ゴールライン付近で仁王立ちし、あくまでもシュートを防ぐという点で無類の強さを発揮したタイプだと言えよう。

その他にもカーンは異常なまでの勝利への執着心、飽くなき向上心からか、自らを含めた誰に対しても厳しい態度を示す選手として知られていた。これらは超一流のプロとして高く評価されていた一方で、余りにも度が過ぎて奇抜な言動や、攻撃的なピッチ上での振る舞いで目立つ選手でもあり、度々世間に物議を醸した。その実力のみならず、これらのパフォーマンスでも記憶に残る選手だと言え、ドイツでは「タイタン」という愛称が定着している。

そして、このカーンのキャリアにおけるハイライトと言えば、やはり32歳で迎えた2002年日韓W杯での活躍だろう。この大会に臨むドイツ代表は間違いなく史上最弱であり、グループリーグ敗退が懸念される実力だった。しかし、カーンは毎試合人間離れしたスーパーセーブを連発してドイツを決勝戦まで導いた。

特に準々決勝のアメリカ戦は前半から大ピンチの連続で、GKがカーンで無ければ間違いなく大差で敗北していただろう。試合はバラックが前半終了間際にセットプレーからド迫力のヘディングを叩き込み奇跡的に勝利した。

しかし、そのバラックが累積警告で出場停止となった決勝のブラジル戦、カーンは後半リバウドの正面のミドルシュートをキャッチミスし、こぼれ球をロナウドに押し込まれて失点を許した。この試合ドイツは戦前の予想を覆す望外の健闘を見せただけに、このカーンのミスは非常に悔やまれるものになった。しかし、この唯一のミスでカーンがこの大会見せてきた驚異的なプレーが色褪せるものではなく、GKとして初の大会MVPにも選出された。

そしてもう一つ、カーンのキャリアを振り返る上で忘れてはならないのが、ドイツ代表におけるライバル、イェンス・レーマンとの正GK争いだろう。それまではカーンが常に正GKであり、レーマンは常に2番手という序列だったが、2004年に監督に就任したユルゲン・クリンスマンは2006年の自国W杯に向けて、両者を競わせること事を公にした。これで、およそ2年間に渡るドイツ代表の前代未聞の激しい正GK争いが切って落とされた。