奇跡の逆転勝利を許した1999CL決勝、FCバイエルンvsマンチェスターU戦

ロックダウン中に1999年CL決勝戦、FCバイエルンvsマンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)戦がDAZNで公開されていたので観戦した。この試合はロスタイムの2ゴールでマンUが奇跡の逆転勝利を上げたことで多くの人々の記憶に残っているだろう。

当時はドイツ代表が低迷期に突入した一方で、クラブレベルではブンデスリーガ勢がCLで軒並み上位に進出するという相反の現象が起き、この年はFCバイエルンも決勝に進出した。1997年にはドイツ屈指の名将の一人に入るであろう監督ヒッツフェルトの下ドルトムントがCLを制しており、その翌年にもベスト4に進出している。

そのヒッツフェルトは1998年にFCバイエルンの監督に就任し、その手腕をいかんなく発揮、一時代を築いた。この決勝戦のFCバイエルンのスタメン11名のうち10名は当時評価の低かったドイツ人選手である。

もっとも、その選手たちは地味ながら一癖も二癖もある一芸を持った猛者だった。世界最高のGKカーン。38歳ながら抜群の技術と戦術眼を持つ老雄マテウス。マンマークで抜群の強さを発揮するリンケ、バベル。右サイド専門の技巧派バスラー。無尽蔵のスタミナを誇る闘犬イェレミース。左足の爆発的なキックを持つタルナート。快速FWツイックラー。193cm、93キロの体格を誇る屈強なヤンカー。

そして、この職人集団をピッチ上で指揮するのが、当時ドイツ最高のMFシュテファン・エッフェンベルクである。ヒッツフェルトは5-4-1の守備的なシステムを採用し、そのサッカーはまるで面白くはなかったが、エッフェンベルクを中心に効率という点では抜群のチームを作り上げた。

一方のマンUはコール、ヨークの強力2トップにギグス、ベッカム、キーン、スコールズを擁し圧倒的な攻撃力を誇り勝ち上がって来た。しかし、この決勝は中盤の要であるキーン、スコールズを欠いておりその戦力は著しく低下した状態だった。

試合はいきなり開始早々5分にバスラーが正面やや左からのフリーキックを決めてバイエルンが先制した。堅い守備を基調に戦うバイエルンにとっては願ってもない展開である。マンUのGKシュマイケルは壁越しのボールを予測していたが、バスラーはファーサイドに低く速いボールを蹴り、逆を突かれた格好になった。

その後は攻めるマンU、守るバイエルンの構図がひたすら続く。キーンとスコールズを欠いたマンUの攻撃は単調で全くバイエルンの守備陣を崩せそうな気配はない。この日中央に入ったベッカムはイェレミースが徹底マークし、リベロのマテウスが老練なポジショニングで危険なスペースを埋める。更にバイエルンは時折カウンターを見せながらマンUの後方にプレッシャーを与え続けた。

後半に入ってもその構図はまるで変わらず、マンUは67分に中盤左のブロムクイストに代えてFWのシェリンガムを投入する。これでマンUの前線には3人のFWが入り、この日右に入っていたギグスがは左サイドへ、中央のベッカムも本来の右サイドにポジションを移した。一方のバイエルンもFWのツィックラーに代えて、技巧派のショルを投入する。