史上初のゴールデンゴールで勝利した、EURO96決勝チェコ戦

新型コロナで家に閉じこもる日々が続いたが、ZDFのアーカイブで過去のスポーツ名場面を見る事ができる。その中にEURO1996年決勝、ドイツvsチェコが含まれていたので観戦した。この試合はドイツがオリヴァー・ビアホフのゴールデンゴールで勝利し3度目のEURO制覇を達成した。

この大会のドイツは高齢化が指摘された1994年アメリカW杯の主力に加え、ショル、ツィーゲ、バベルらの若干の中堅選手を加えた構成で臨んでいる。故にトータルで見ればW杯に引き続きかなりのベテラン偏重のチームだった。

ドイツはグループリーグでチェコ、ロシアを比較的楽な試合で下した後、苦手イタリアを引き分けに持ち込みグループリーグで蹴落とす事に成功、1位で決勝Tに進出した。準々決勝はクロアチアを2-1で下し、準決勝は地元イングランドをPK戦で辛くも勝利しての決勝進出である。決勝のチェコ戦はグループリーグでの再戦で、普通に考えればドイツ圧倒的有利は動かない。

しかし、ドイツはこの大会攻撃の軸となっていた攻撃的MFアンドレアス・メラーが累積警告で出場停止なのをはじめ、合計6名を累積警告、負傷で欠いており戦力はダウンしている。

監督フォクツが採用するのは当時のドイツ・スタンダードである3-5-2システムだ。クリンスマン、クンツの2トップ。ヘスラー、ショルのダブル司令塔。ウィングバックには右に守備的なシュトルンツ、左に攻撃的なツィーゲ。守備的MFにアイルツ。ストッパーは右にバベル、左にヘルマー。そして最後尾に最強のリベロ、ザマーを擁する。GKはこの大会好セーブを連発するケプケである。

試合が始まる予想通りドイツがボールをキープし攻める時間が長くなる。しかし、ショル、ヘスラーのダブル司令塔は思った程機能しない。ヘスラーはこの大会絶不調に喘いでおり、ショルは巧いがややボールを持ちすぎる傾向がある。両者のタイプが似ているのもあるが、やはり縦への圧倒的なスピードを持つメラーの欠場は痛い。

ドイツの更なる攻撃のオプションは左サイドのクリスティアン・ツィーゲだ。ツィーゲは得意の左足でのクロスのみならず、中央へのドリブル突破、場合によっては右サイドにも顔出すなど精力的に攻撃に絡んだ。

しかし、ドイツは肝心のクリンスマン、クンツの2トップに相手DFを凌駕する強さが感じられない。クリンスマンは32歳、クンツは33歳で既に全盛期を過ぎている。やはりコンビで相手の守備陣を完全に崩す必要がある。

ドイツは時間が経つにつれて徐々にリベロのザマーが前方へ顔を出すようになり圧力を強める。34分にそのザマーのミドルシュートが起点となり、こぼれ球をクンツが押し込む決定的チャンスを得るが、これはゴールライン上でDFにクリアされた。更に40分、中央へ切れ込んだツィーゲからのスルーパスでクンツが再びGKと1対1のチャンスを得るが、これも決めきれない。

一方のチェコも押されながらも危険なカウンターを繰り出し反撃する。42分にはクーカがアイルツのパスミスを奪いGKと1対1になる決定的チャンスを得るなど、決して怯んではいない。寧ろ戦前の予想からすればここまで大健闘だろう。

前半終了間際、ドイツは守備的MFアイルツが負傷で交代を余儀なくされる。アイルツは超攻撃的リベロでもあるザマーの攻め上がりで出来たスペースを忠実に埋める黒子の役割に徹しており、ここまで全試合でスタメン出場していた。控えの守備的MFフロイントは負傷で離脱しており、これはドイツにとって痛い。