代表を追放された真のワールドクラス、シュテファン・エッフェンベルク

1998年ドイツ代表はW杯ベスト8でクロアチアに敗退し、世界の強豪国から転落した。その2年後のEUROではグループリーグ敗退し、その翌年のW杯予選ではあわや予選敗退まで追い込まれる程低迷した。その一方でこの時期クラブレベルではFCバイエルンが軒並みCLで上位に進出し、2001年には遂に悲願の優勝を果たすという相反の現象が起きている。

もちろん、代表とクラブを同じ理屈で論じる事はできない。しかし、当時のFCバイエルンにあってドイツ代表に無かったものの一つに、シュテファン・エッフェンベルクと言う当代屈指のドイツ人司令塔の存在が挙げられる。1968年生まれのエッフェンベルクは1998年から2002年までFCバイエルンに所属し、キャプテンとして黄金時代を築いたと言っても過言ではない。

そのエッフェンベルクのプレースタイルであるが、まさに王道の司令塔にふさわしい、長短の精度の高いパスでゲームメイキングをするセントラルMFだったと言える。現在のドイツ人選手で言えば、トニ・クロースを彷彿とさせる。

もっとも、エッフェンベルクはクロース程のパス・マシーンではなく、188cm屈強な体格と豊富な運動量で後方で守備もこなし、ゴール前にも顔を出すBox to Boxと呼ばれる選手の特徴も兼ね備えた選手だった。更にはチームのキャプテン、アグレッシブなプレースタイルでチームを引っ張る絶対的なリーダーでもあり、その意味では寧ろミヒャエル・バラックに近いタイプだと言える。事実エッフェンベルクが2002年に退団した後、その後継者という形でバラックがFCバイエルンに移籍した。

この両者の能力は甲乙つけ難いものがあり、得点力ならバラックが上だろうが、司令塔としての能力ならばエッフェンベルクが上だろう。決してスター軍団ではないチームメイトを操り、バイエルンの黄金期を築いた実力はまさに当時のドイツサッカー真のワールドクラスである。ただエッフェンベルクはあくまでドイツ代表とは縁がなかった。

正確に言えば、エッフェンベルクは1994年W杯まではドイツ代表の主力だった。1991年に22歳で代表デビューを飾り、翌年のEURO1992は23歳ながら主に中盤で殆どの試合で先発出場している。当時のドイツ代表は1990年にW杯を優勝し、中盤にはメラー、ヘスラー、ザマーなどの優秀な選手が軒並み揃う中で、エッフェンベルクは若くして代表の主力選手としての地位を確立した。まさに将来のドイツ代表を背負って立つべき存在でもあった。

そして迎えた1994年W杯、この大会のエッフェンベルクは3-5-2システムの右ウィングバックでのファーストチョイスだった。ベテラン偏重と言われたチームの中で数少ない中堅選手でもある。しかし事件はグループリーグの第3戦、韓国戦で起こる。